日の出から日没まで(2月4日)


夜明け前の脇浜です。


ちょっと撮りたい絵があって

夜明け前からスタンバイ。

スタンバイが早すぎて40分もボラを眺めながら待ったけど。


日の出の時刻から約30分。

やっとお日様が差し込みました。


しかし、微妙にコンディションが違ったので目的は果たせませんでした。

脇浜の波打ち際に住み着いているツチホゼリ(まだ子供)。


名前は「ホゼ」にします。

見かけたら呼んでみてください。

後をついてきてくれます。


地味ながらも多様な脇浜の珊瑚たち。



脇浜は浅いビーチですが、珊瑚も魚も案外種類が豊富です。

根魚にとどまらず、ギンガメやカスミなどのアジ各種、カンパチやミギマキ、イシダイ、

ダツやネムリブカ・・・トビエイもいたり。

イタチザメもいたり・・・(((( ;゚д゚))) ヒィィィ

母島へお越しの際は脇浜ダイブまたはシュノーケルも是非どうぞ!



さて、お日様もすっかりのぼりました。

今日はナギナギ!数日ぶりのボートダイブをしてきました。

1本目は四本岩。

さてイソマグロたちは何匹になっているのか・・・


撮影:スグロ様


います、います。

撮影:ミナオ様


16匹に増えております!

めざせ、ピークの100本!ですね。

(ピークは5〜6月です。)



撮影:スグロ様


今日のイソマグロたちは穴の外を徘徊しており、

私たちのそばをずっとグルグルしていて、迫力満点でした!

ノコギリダイクラスターにはいつものヨスジに加えて

アナダイ、フエダイ、アオヤガラがぐっちゃりMIX状態で

大変華やか。素晴らしかったです。


テンションあげあげで向かう2本目は


ヨスジの庭


こんなヨスジフエダイの塊があちこち散見するポイントです。

深度も15mほどなので、日が差すととても綺麗。


ここはヨスジにとどまらず、アカバ(アカハタ)の庭や

マダラタルミマンション(ほんとに大人から子供までいっぱい!)

エビ団地など、次々キャストを変えて魅せてくれる、大変頼もしいポイント。


今日はスジクロハギ軍もやってきて、最初から最後まで凄まじい魚影でした。


撮影:スグロ様


そしてエギジットポイントでエギジット1分後に背中を出す子クジラ(笑

なんというニアミス具合でしょう。

明日は水中で会いましょう・・・!


そんな1日の終わり。



あまりの空色の美しさに、サンセットシアターまで足を伸ばし

太陽にほえ・・・はしませんでしたが、しばしの別れを。


「グリーンフラッシュはまた今度ね!」と言って

水平線に溶けてゆく、今日の太陽。


と、日の出から日没まで、たっぷり堪能した1日でした!



おまけ。


船上休憩中に通り過ぎる今日のザトウさんw






投稿:FG

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

​〒100-2211 

東京都小笠原村母島字静沢

TEL  04998-3-2442

FAX  04998-3-2443

MAIL  drhahajima@gmail.com

© 2020 dive resort HaHaJIMA All Rights Reserved.